エゾリスのはっきょい残った、

by 15:00:00
今年の冬はいきなり来ました。森に住むエゾリスも雪がどんどん降って来るので、驚いているようです。北海道の厳しい冬を越す為にエゾリスは忙しく森の中で活動しています。雪の下から隠していた栗の実を掘り返したり、寝床に使う木の皮を集めたり、森に雪が積るとエゾリスは冬毛に変わっていました。...Read More

清流のハンター、ヤマセミです。

by 15:00:00
噴火湾に注ぐこの河川では年間を通してヤマセミを見る事が出来ます。特に冬の時期は木の葉が無くなるので見つけやすくなります。またヤマセミは鳴き声を出すのでいる場所を特定しやすくなります。 ヤマセミ のダイブは豪快で、カワセミなどは僅かに水面を揺らす位ですが、ヤマセミが飛び込むと川面...Read More

冬のルリビタキ

by 15:00:00
昨年は11月上旬からルリビタキが出始めて、その後日追うごとに数が増えてそこら中がルリビタキで驚かされましたが、今年はその反動かルリビタキを見かける事はほとんどありませんでした。特にオスの成鳥は今のところ見ていません。写真は11月21日に撮影したルリビタキのメスとオスの若鳥が混じ...Read More

クマゲラが雪の降る前に巣穴を掘っていました。

by 17:50:00
11月に入って森の紅葉も地面に落ちた頃 クマゲラ が現れ始めました。エゾリスのいない隙に巣穴を再度掘り始めました。今年の春には巣穴はまだ浅く未完成だったので、仕上げをしているようです。たまにメスも見かけますが巣穴を掘る仕事はオスに任せているようです。オスが交代の合図をしてもメス...Read More

シマエナガが飛んでいます。

by 17:19:00
11月19日を境に急に冷え込みが厳しくなりました。森の小鳥達は寒さに負けず元気に活動しています。写真は19日に撮影したシマエナガです。6羽のシマエナガが移動しながらエサを求めて飛んでいました。雪だるまとか雪の妖精と呼ばれているように冬によく見かけるシマエナガです。シマエナガは冬...Read More

エゾリスの住む森に雪がちらついて来ました

by 20:16:00
エゾリスの住む森にも小雪がちらついて来ました。幸いこの森にはエゾリスの天敵は入り込まないようでエゾリス達も安心して暮らしていますが、時折小鳥の鳴き声に鋭く警戒する事があります。やはり自然界に生きる小動物は臆病な方がいいのかもしれません。エゾリスのみ身の毛がもう少し伸びると完全な...Read More

早くも姿を見せ始めたキクイタダキです。

by 16:26:00
まだ数は少ないのですが、運が良ければこの森でキクイタダキに会えます。得意のホバリングでイチイの樹の葉に隠れている昆虫を狙い澄ましてゲットするホバリングの名人でもあります。。気温が上がる10時頃からキクイタダキは姿を見せて素早い動きで私達カメラマンを泣かせます。一度姿を見失うと、...Read More

クマゲラのオスがメスを呼んでいます。

by 18:11:00
今年の春エゾリスに略奪されたクマゲラの巣をオスのクマゲラが再度巣穴を大きくしています。来年の春ここで子育てをするかどうかはその時になってみないと分かりませんが、エゾリスが略奪した時の巣穴はまだ未完成で、巣穴の奥が浅くエゾリスは巣としては使えませんでした。それとも最初から使う気は...Read More

絵鞆半島の渡り鳥、ツミの思い出

by 15:38:00
絵鞆半島では9月初めからツミの渡りが始まります。最終は10月20日頃でそれ以降はツミはほとんど飛びません。ハチクマとほぼ同じ時期にツミは渡って行きます。早めに渡るのはニューナイスズメの大群と同時にツミもそ大群を目当てに一緒に移動しているようです。小型の猛禽なので寒さに弱い事も考...Read More
© sasaki zen. Powered by Blogger.